【誰でも使える】職場での人間関係を改善する8つのコツ

職場の人間関係を改善するなら、接し方と考え方を変えるべし!具体的にとるべき行動について解説します。

はじめに

組織で仕事をする上で切り離すことができない問題。

その一つに「人間関係」があります。

上司や部下、同僚など、様々な人と関わりながら仕事をするのが一般的ですが、もちろんすべての人とうまくいくわけではありません。

  • 上司に気に入られない
  • 部下に好かれない
  • 同僚との仲が悪い

このように、良好な人間関係を築けていない人も多いでしょう。

実際に、エン・ジャパンが行ったアンケート調査によると、職場での人間関係に難しさを感じた経験がある人は全体の84%と言われております。

同じ会社に属しているとはいえ、全員と相性が良いかと言われれば、全くそんなことはないでしょう。

相性が悪いと言ってしまえばそれまでですが、今後も同じ会社で一緒に仕事をしていくなら、もう少し深ぼって考えることが必要です。

そこで今回は、以下の内容について解説していきます。

  • 職場での人間関係が悪化してしまう10の原因
  • 職場での人間関係を改善する8つのコツ
  • 職場での人間関係を良好に保つために上司が心がけたいこと
  • 職場での人間関係は割り切ることも大切
  • 人間関係の改善が難しければ環境を変えるのもあり

本記事を読み終えれば、人間関係が悪くなっている原因と取るべき行動が明確になり、仕事のモチベーションも上がることでしょう。

時間が立つに連れて改善しづらくなる問題でもあるため、ぜひ明日から意識して取り組んでみてください。

 

職場での人間関係が悪化してしまう10の原因

職場での人間関係が悪化する10の原因は以下の通りです。

  1. コミュニケーション不足
  2. 仕事のミスを報告しない
  3. 無愛想な態度をとる
  4. 理不尽に攻撃する人がいる
  5. 価値観の相違
  6. 部下を上手く育成できない
  7. 上司と部下の板ばさみになる
  8. パワハラやセクハラ
  9. 自己中心的な人が多い
  10. 仕事が忙しすぎる

原因は無数にありますが、主に「自分が悪い場合」と「相手が悪い場合」の2つに分けられます。

現在抱えている人間関係問題の原因がどちらにあるのか、考えながら見てみてください。

 

①コミュニケーション不足

相手を知る上でコミュニケーションは必須なので、不足している状態では人間関係を深めることはできません。

  • 口数が少ない人
  • 人とあまり会話をしない人

性格の問題もあるため、このような人は一定数いると思われます。

しかし、口数が多い人や会話をする人と比べて圧倒的に話しかけにくいですし、話しかけても反応が薄い場合、嫌だったかな?嫌われているかな?と不安な気持ちになってしまいます。

万が一、二人の間でトラブルがあった場合にコミュニケーションがうまく取れないと、問題が解決されず、そのままモヤモヤな感情だけ残ってしまいます。

相手のことを嫌い・苦手と思っていなくても、コミュニケーションが不足しているだけで距離が生まれてしまうため、積極的に交流を図ることが重要です。

 

②仕事のミスを報告しない

仕事のミスを報告しなかった場合、相手からの信頼が下がるため、結果的に人間関係の悪化に繋がります。

ベテランでも新人でも、誰しもミスはするものです。

そのため、ミスをする=悪いことではありません。

稀に、ミスをするだけでひどく怒られるという話も聞きますが、それは上司や先輩の指導能力が低いだけです。

失敗なくして成長はしないため、ミスは次に活かすことが重要です。

ただ、報告しないと、上司の責任が増えたり、被害を最小限に抑えることができなくなったりと多くの問題が生じます。

このような問題が大きければ大きいほど、相手はあなたに良い印象を持つことができなくなります。

そのため、ミスは起きてしまったら早く報告することが重要です。

 

③無愛想な態度をとる

無愛想な態度は人に良い印象を与えないため、人間関係の悪化に繋がります。

普段から親しくしている人を思い浮かべてみると分かりますが、

  • 笑顔でハキハキ話す
  • 共感してくれる
  • リアクションをとってくれる

このような人と接する際に不快だと感じる人は少ないでしょう。

反対に、

  • 上司からお願いされた際に返事をしなかった
  • ミスを指摘された際に反抗的な態度をとってしまった
  • プライベートの出来事を引きずって不機嫌な態度をとっていた

このような場合は、相手にネガティブな印象を持つと言えます。

人は受けた印象をそのまま返す傾向があるため、こちらが無愛想な態度をとれば相手の態度も悪くなり、負のループに陥ります。

人の第一印象は3秒で決まると言われるほど見た目の印象は大きいので、人と接する際の態度には細心の注意を払う必要があります。

 

④理不尽に攻撃する人がいる

ここまで、コミュニケーションや態度といった、人と接する際に負の印象となり得る原因について解説してきましたが、人間関係の悪化に必ずしも明確な理由があるとは限りません。

特に理由もなく、理不尽に攻撃してくる人も中にはいます。

  • 何かが気に食わない
  • 常に機嫌が悪い
  • 人に当たる性格である

このような攻撃的な人がいる場合は、良好な人間関係を築くことは非常に難しいでしょう。

自分が変わったとしても、相手が変わらなければ人間関係が改善しないケースでは、環境を変えることも必要になります。

 

⑤価値観の相違

相性の悪さは価値観の違いとも言えるため、直感的にこの人とは合わないなと感じる場合は、価値観の相違がある可能性があります。

  • 〜さんの◯◯の考え方が理解できない
  • 〜の場面で△△の行動をとれるのが信じられない

このように、価値観というのは人それぞれであるため、中々受け入れられないこともあるでしょう。

しかし、価値観の合わない人を毛嫌いしていると、万が一、会社に価値観の合う人がいなくなった場合、仕事をするのがストレスになると考えられます。

考え方や価値観が合うかどうかは運次第ですので、相手のことを理解し、尊重する気持ちを持つことが大切です。

 

⑥部下を上手く育成できない

部下を上手く育成できないと成果を上げられるようにならないため、徐々に人間関係や雰囲気が悪くなります。

教育体制が整っていないことによる悪影響のプロセスは以下の通りです。

  1. 教育が上手くいかないと部下の業務が進まない
  2. 業務がスムーズに進まないと職場全体が忙しくなる
  3. 忙しさが増すと、ますます教育にかける時間がなくなる
  4. 成果が出なければ管理職のストレスも増える
  5. 人間関係・雰囲気が悪化する

「仕事が忙しい」「成果が出せない」という状況下で良好な人間関係を築くことは難しいため、人事や管理職は新人や部下の教育体制を見直す必要があります。

 

⑦上司と部下の板ばさみになる

中間管理職は上司と部下の板挟みになることから、双方との人間関係が悪くなる可能性があります。

  • 上司から指示や命令を受ける→部下に伝えて実行する
  • 部下から出た意見や要望→上司に伝える

このような関係性にあるのが中間管理職です。

そのため、「部下をまとめられない」「上司に意見を通せない」となれば、両者から”使えない中間管理職”というレッテルを貼られてしまいます。

そうなると、双方と良好な人間関係を築くことが難しくなるため、中間管理職には高いマネジメントスキルが求められます。

 

⑧パワハラやセクハラ

パワハラやセクハラも、人間関係が悪くなる原因の一つです。

こういったハラスメント問題は、モチベーションの低下や自尊心の低下、心身の不調に繋がるため、あってはならない問題です。

最悪の場合、退職や裁判沙汰、自殺などに繋がるリスクもあります。

被害を受けた側に非がある場合もありますが、ほとんどの場合でやる側に問題があるため、人間関係が悪化している場合は転職も検討すべきと言えます。

 

⑨自己中心的な人が多い

自己中心的な人は協調性に欠けるため、良好な人間関係を築くことが難しいです。

具体的に、自己中心的な人がとりやすい行動としては以下の5つが挙げられます。

  • 自分の仕事を人に押し付ける
  • 相手の気分を害することを言う
  • 報告・連絡・相談ができない
  • 自分の意見を通そうとする
  • 人の話を聞かない

上記のように、人とのコミュニケーションが上手くいかないことが多いため、職場の雰囲気を乱したり、モチベーションを下げる傾向にあります。

自分が少しでも自己中心的だなと思う場合は、相手のことを考えた行動をとるべきでしょう。

 

⑩仕事が忙しすぎる

仕事の忙しさから人当たりが悪くなり、その状態が長く続くことで、結果的に人間関係が悪化するケースもあります。

例えば、普段は温厚な人でも、仕事が忙しすぎるとイライラしやすかったり、ついつい口調が荒くなったりしてまいますよね。

繁忙期だけなら周りの理解も得られますが、一年中仕事に追われているとなると、「この人は怒りっぽいな」「話しかけづらいな」と思われてしまいます。

相手が忙しい場合もそうですが、自分が仕事に追われている時もこういった状況になる可能性があるため、オーバーワークにならないよう仕事量の管理が重要です。

 

職場での人間関係を改善する8つのコツ

職場での人間関係を改善する8つのコツは以下の通りです。

  1. 接し方を工夫する
  2. コミュニケーションの機会を増やす
  3. 相手の立場になって物事を考える
  4. 第三者にアドバイスをもらう
  5. 自分の考え方を変える
  6. ストレス源への対処法を変える
  7. 適度な距離感を保つ
  8. 丁寧な文章を心がける

人間関係を改善する上で重要なのは、「自分がやられて嬉しいと思うことを実践する」ということです。

気をつけるべき点はいくつもあるため、自分が普段意識していないなと思うことから試してみてください。

 

①接し方を工夫する

人との接し方に正解はありませんが、以下のような行動をとると相手に良い印象を与えることができます。

  • きちんと挨拶をする
  • 相手の話をしっかり聞く
  • 笑顔で接する
  • 丁寧な対応を心がける
  • 報連相は忘れずに行う
  • ミスをした時は素直に謝る
  • 小さなことでも感謝を伝える
  • ネガティブな発言よりもポジティブな発言を増やす
  • 非言語コミュニケーションを意識する
  • お土産を買って渡す

基本的なことだと思われるかもしれませんが、人間関係が悪い人には意外とできていないことが多いです。

挨拶が適当になってしまったり、相手に話を聞いていることが伝わっていなかったりと、接し方に問題が見つかるはずです。

仲が良い人と同じように接しろとは言わないので、少しでも挨拶や傾聴、笑顔、感謝などを意識していけるとよいでしょう。

 

②コミュニケーションの機会を増やす

接し方を変えることが難しい人は、まずはコミュニケーションの機会を増やしてみましょう。

普段からあまり会話がない場合、笑顔を意識しよう!と急に言われても中々難しいですよね。

そこで、まずは色々な場面で、「コミュニケーションを取ろうとする意識を持つこと」が重要です。

  • 挨拶
  • 雑談
  • 報連相

これら全てにコミュニケーションが含まれます。

苦手な人は、まずは挨拶からしっかり行うのがおすすめです。

慣れてきたら、報告・連絡・相談の数やスピード感を意識してみるとよいでしょう。

相手と接する機会が増えれば、お互いがお互いを知ることができ、距離感がグッと縮まります。

そうすれば、自然と雑談をする流れに持っていくこともできるでしょう。

 

③相手の立場に立って物事を考える

コミュニケーションは取れているけれど、なぜか関係性が悪いという方は、相手の立場に立って物事を考えることが必要です。

ここがコミュニケーションの難しいところで、会話の頻度や伝え方以上に、”内容”が重要となります。

例えば、部下に指導をする際に

「あなたの接客は独りよがりだから、もっと相手のことを考えた方がいいよ!」

このように伝えたとします。

これだけ言われても、「そんなに言わなくてもいいのに」「じゃあ、どうすればいいの?」と部下は頭を悩ませるだけです。

では、どうするべきか?

「◯◯さんは商品の知識が豊富だから、色々話したくなる気持ちはとても分かる。でも、相手が欲しい情報以外を伝えても相手は理解しきれないから、きちんとヒアリングした上で、必要な情報を伝えるといいよ!引き出しがいくつもあるのはすごいことだし、尊敬する!」

このように、共感した上で指導したいことを伝えると、相手は「私のことを理解した上で指導してくれている」とポジティブに捉えてくれるでしょう。

加えて、”褒める”ということもすれば、良い印象で終わることができます。

これを言ったら相手はどう思うかな?と発言する前に一度考える癖をつけると、コミュニケーションの質を一段階上げることができるでしょう。

 

④第三者にアドバイスをもらう

そもそも人間関係が悪くなっている原因が分からないという方は、家族や友人、同僚や先輩などの第三者にアドバイスをもらうのがよいでしょう。

自分ひとりで考えていても偏った考え方しかできませんし、行き着いた考え方や対処法が正しいかどうかも判断がつきません。

会社のことをよく知っているのは、やはり社内の人間なので、一番は同僚や先輩、後輩などに相談するのがおすすめです。

人間関係を改善したい相手とうまく接することができている人に話を聞くのも良いですし、接することがない人からも「あの人はこういうことを嫌うよ」「お土産を渡すと喜ぶよ」などと、自分が知らない情報を集めることができるでしょう。

職場の人に相談しづらいという方は、家族や友人に相談することで客観的な意見をもらうことも可能です。

 

⑤自分の考え方を変える

人間関係は、小手先のテクニックで表面上良くすることもできますが、自分の気持ちと反する行動はストレスにもなるため、考え方から変えることが必要です。

ケース別の対処法の具体例は以下の通りです。

  1. 相手に対する嫉妬心がある場合:「気に食わない・ケチをつけたくなる」という傾向があります。相手の優れている点を認め、学ばせてもらおうというポジティブな考え方に変えましょう。
  2. 信頼できない・心を許せない場合:あまり接することがない人に対して抱きがちです。自分から自己開示し、相手が本音を喋れる空気づくりを心がけましょう。
  3. 嫌い・苦手な場合:嫌なところばかりに目を向けてしまう傾向があります。長所を見つけたり、良いエピソードをメモしておくようにしましょう。そして、人は自分が思っているほど気にしていないこともあるので、相手を気にしすぎないのも重要です。

このように、人の感情には必ず理由があります。

嫌なことをされれば負の感情を抱くのは当然ですが、「なんとなくネガティブな感情を抱いている」ということであれば、ポジティブに考えることが必要です。

その人の良い部分を見つけたり、相手からの印象を気にしすぎないようにしたりと考え方を変えることで、よりコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

 

⑥ストレス源への対処法を変える

人間関係が悪くなっている原因が相手にある場合は、いくつか対処の仕方を変えながら様子を見ましょう。

ケース別の対処法の具体例は以下の通りです。

  1. 一方的に敵意を向けられる場合:相手から嫉妬されている可能性が高いです。悲しんだり、落ち込むと相手は喜び、反対に反撃するとさらに攻撃的になる可能性があります。この場合は、丁寧な対応をしつつ、相手が諦めるのを待ちましょう。
  2. 相手に変わってほしいのに変わってくれない場合:相手の行動や性格を変えるのは非常に難しいことです。この場合は、「自分で気づかせる・適度に支援する・変わるのを待つ」の3つがポイントとなります。相手が望ましい行動をとった際に肯定的な反応をするなど、良い方向に変わるよう適度に導くことが必要です。
  3. 嫌がらせをしてくる場合:相手からの嫉妬心や嫌悪感が強い可能性が高いです。一人で対処するのは難しいため、人事や周囲の人間に助けを求めましょう。

このように、相手の行動に問題があるケースでも、自分でコントールできる領域内で対処の仕方を変えていくしかありません。

どうしても相手の行いがひどい場合は一人で解決することが難しいので、上司や人事などに相談することをおすすめします。

 

⑦適度な距離感を保つ

人と関わるのが苦手な方は、適度な距離感を保つことも必要です。

職場には、雑談が好きな人やプライベートでも関わりたい人など、様々な人がいるでしょう。

ただ、そこに無理に合わせる必要はありません。

  • 職場では雑談は最小限に留める
  • 飲み会には無理に参加しない
  • 仕事上の相談にはしっかりと応じる

このような自分ルールを作ることも大切です。

無理に関わりを持ってストレスを感じるくらいであれば、適度な距離感でちょうどいい関係性を保てていたほうが快適に仕事ができるでしょう。

 

⑧丁寧な文章を心がける

メールやチャットなどの文章でのやり取りは、対面で会話するよりも意思疎通が難しいため、丁寧に行うことが重要です。

特に、以下のような文章になっている場合は、相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

  • 文章が長くて言いたいことが分からない
  • 文章が短すぎて理解しているのか分からない
  • 正しい敬語を使えていない
  • 誤字脱字がある

対面であればテンポよく会話することができますが、文章でのやり取りとなると、一つ疑問や問題を解消するのにいくつもやり取りを重ねなければなりません。

こうした手間があるだけでストレスになりますし、その上、適当な文章であれば、呆れたりイライラしたりもするでしょう。

小さなことではありますが、相手に悪い印象を与えないためには、こうした細かなところにも注意する必要がありますので、今まで意識してこなかった方は、丁寧な文章を心がけてみてください。

 

職場での人間関係を良好に保つために上司が心がけたいこと

 

ここまで、人間関係を改善するための方法について解説してきましたが、特に上司が心がけたいこととしては、以下の4つが当てはまります。

  1. 上司から部下に話しかける機会を増やす
  2. 部下の業務量に気を配る
  3. 社内の教育体制を充実させる
  4. 定期的に話を聞く機会を設ける

人間関係を良好に保つにはコミュニケーションが欠かせませんが、上司に「怖い」「話しかけづらい」というイメージがついていると、部下から行動できないケースも少なくありません。

そのため、上司から行動を起こし、部下に働きかけることが必要となります。

  • 部下とのコミュニケーションが不足している
  • 組織内の連携が取れていない
  • 部下が成果を挙げられない
  • 組織全体が忙しくしている
  • 社員同士の相互理解が足りない

このような事態に陥ってしまうと、人間関係は愚か、社内の雰囲気も悪くなるため、そうなる前に部下との接し方を改めましょう。

 

職場での人間関係がどうしても上手くいかない場合

職場での人間関係を改善しようと試みても、時すでに遅しで上手くいかないこともあるでしょう。

その場合は、無理に頑張る必要はありません。

以下の2つの選択肢を取ることも大切ですので、心身ともに追い込まれないようにだけ注意しましょう。

  1. 職場での人間関係は割り切ることも大切
  2. 人間関係の改善が難しければ環境を変えるのもあり

 

職場での人間関係は割り切ることも大切

人対人の問題は全てが解決できるわけではないため、割り切ることも大切です。

頭では分かっていても、感情的になってしまうことがあるように、「あの人が苦手」と一度思ってしまうと、接し方を変えられない人もいるでしょう。

そこで、暗示をかけるように「良いところをみつけよう」「明るく接しよう」としても、返ってストレスとなってしまいます。

たとえ、良好な人間関係が築けなくとも、必要最低限のコミュニケーションさえ取れていれば、仕事上の問題はありません。

心地よく仕事ができない・既に大きなストレスになっているという場合は改善した方が良いですが、そうでない場合は、割り切って考えることも必要です。

 

人間関係の改善が難しければ環境を変えるのもあり

どうしても人間関係を改善しないと仕事が続けられないという場合は、働く環境を変えるのも一つの手段です。

方法としては2パターンあるため、自分に合っている方を選択するとよいでしょう。

  1. 転職:人間関係が良さそうな職場に転職する
  2. 独立:フリーランスとして働く

今よりも職場環境の良いところに転職することができれば、それだけで問題は解決するでしょう。

ただし、社員数が多かったりと関わる人が増えれば、自ずと合わない人も出てくることには注意すべきです。

一方、フリーランスとして独立すれば、一人で仕事をすることが増えるため人間関係で悩むことが少なくなります。

ただ、クライアントとやり取りをすることがあったりと、完全に一人というわけではないため、コミュニケーションの取り方や接し方に気をつける必要はあります。

どちらの方法も今の環境よりも人間関係の悩みを減らすことは可能ですが、その他のリスクがないわけではないため、最終手段として考えておくのがおすすめです。

 

まとめ

今回は、職場での人間関係が悪くなる原因と改善方法について解説しました。

人対人の問題は複雑ですので、人間関係が悪くなる原因も状況によって様々です。

それゆえ、接し方を変えたとしても、中々改善しないことも多々あります。

そこで重要となるのが、人間関係が悪くなっている原因は何か?について考えることです。

振り返ってみると、自分の行いや考え方が悪かったかもしれませんし、相手の行動が問題だったかもしれません。

原因によってとるべき行動が変わりますので、解説した原因のどれに当てはまるか考えてみてから、それに合う改善策を試してみてください。

<PR>
株式会社経営人事パートナーズでは、採用、育成、人事評価のコンサルティングを行っております。詳しくはこちらをクリックしてご確認ください。

Who is writing

医療系大学卒業後、理学療法士として医療機関に勤務。その後、整体院を運営をするなかでWebマーケティングも経験する。コンテンツ制作スキルを活かし、医療健康分野や不動産、プログラミングなどの幅広いジャンルの記事執筆を行うとともにWebディレクションにも従事。「一人でも多くの人の悩みを解決する」をモットーに活動の幅を広げている。